いずみの園ムービーリンク集アクセスお問い合わせ情報公開・第三者評価・苦情受付個人情報の取り扱い
ホーム理事長あいさつ・法人についていずみの園の理念・組織・事業名いずみの園ニュース園だより・広報誌等採用情報

ショートステイサービスについてのご説明

ニュース一覧

こちらのページでは、写真での紹介も交えていずみの園の行事やニュースをご案内いたします。どうぞご覧下さい!写真はクリックすると拡大表示します。


永眠者追悼記念礼拝が行われました。                                2018.8.16

 8月10日(金)10:30より「いずみの園」のご利用者で、この一年間にお亡くなりになられた19名の方の「永眠者追悼記念礼拝式」が「地域交流ホームいずみ館」においてキリスト教式で行われました(写真上)。
 追悼記念礼拝には、ご家族の方、特別養護老人ホーム・聖愛ホームのご利用者、職員の方など約60名の方が参加されました。司式は当園の堤チャプレンが行いました。司式者によるコリントの信徒への手紙機。隠馨錬院檻隠垣瓩力読、また「大変お世話になりました」と題しての説教、参加者全員による祈祷、また讃美歌を合唱し、故人を偲びました。
 最後に当法人理事長から、1年間に亡くなられた故人を偲んでの挨拶があり、追悼式を終了しました(写真下)。 

                            (経営企画課)


「第9回子ども参観日」を開催しました。                                2018.8.14

 8月9日(木)の午前中、今年で第9回を数える「いずみの園こども参観日」を開催しました。
 この「子ども参観日」は、将来を担うこども達にいずみの園を知ってもらうこと、福祉の仕事を理解してもらうこと、保護者の働きを見てもらうこと、家庭でのコミュニケーションの充実などを目的として毎年開催しています。今年は、4歳から中学3年生まで、合わせて19名が参加されました。
 朝のミーティングにて挨拶をすることから始まり、『1日体験職員』の辞令を交付(写真上)、次にいずみの園の見学をしました。
 その次に、食事の栄養バランスについて学んだり、ご利用者と一緒に傘鉾の花作りを行ったり、車いすの操作を学んだり(写真中)、工作で万華鏡を作ったりと充実した時を過ごしました。子どもたちからは、もっと車椅子に乗りたい、もっと利用者とお話ししたい、大きくなったらお父さんと同じ仕事をしてみたいなどの感想が聞かれました。
 最後にみんなで集合写真を撮影し(写真下)、その後お父さん、お母さんたちと一緒にお昼ご飯を食べ、「子ども参観日」が終了しました。
 参加してくれたお友達のみんな、協力してくれた職員のみなさん、ありがとうございました。                            
 
                              (総務部)


「中間管理職講座2018− 廚鮃圓い泙靴拭                                2018.8.10

 2013年度より開始した、園内における主任、課長職を対象とした「中間管理職講座」も6年目を迎えました。
 昨年度から“応用編”として、8月6日(月)14:00〜15:30の日程で今年度第1回を開催し、主任以上の職員47名が参加しました。
 今回は、当法人顧問税理士である税理士法人プロスパーの梯茂之 税理士(写真上)を講師に迎え、『やってみよう!自法人の決算分析29年度決算を読んでみる』と題して行われました。決算書の見方や財務指標について分かりやすくお話していただきました。
 「いずみの園」では、概ね入職3年目以上職員を対象にした「次世代職員育成講座」や入職1〜2目の職員のための人材育成制度や各種研修などを独自に研究し実施するなど「人材育成」について、今後も研究を重ね、より良い制度となるよう取り組んでいきます。
 (写真は当日会場にて撮影。)

                           (経営企画課)


韓国 スンシルサイバー大学の皆さんが、いずみの園に来園されました。                                2018.8.10

 8月2日(木)から5日(日)にかけて、韓国ソウルにある「スンシルサイバー大学」の教授と学生の皆さんが、いずみの園に来園されました。
 2日(木)はいずみの園到着後「いずみ館」にて顔合わせを行った後、施設見学を行いました(写真1枚目)。3日(金)は午前中に特養とデイサービスにて体験実習を行いました。学生の皆さんは言葉の壁に苦しまれている様子でしたが、それでも積極的にご利用者と関わり、多くのことを学ばれていました(写真2枚目)。午後は再びいずみ館に集まり、いずみの園紹介DVDの視聴、理事長の講話(写真3枚目)、また韓国の大学教授や学生が勤務している施設の取り組みについて発表をしていただきました。4日(土)は中津近郊の観光を行い、5日(日)に帰国の途につかれました。
 いずみの園では10年来、韓国との交流を積極的に行っています。現在韓国の2つの大学及び1つの施設と協定関係を結び、人材の積極的な交流を行っています。今後も相互の交流を図れるよう取り組んでいきたいです。
 (写真4枚目:4日(土)に正面玄関前にて撮影)
                   
              (中津総合ケアセンターいずみの園)


「児童クラブピーター・ポール」と「児童発達支援・放課後等デイサービスマルコ」で森の先生をお迎えして交流活動を行いました。                               2018.8.9 

 8月2日(木)大分県森林づくりボランティアセンターのスタッフ6名をお迎えして児童クラブ38名、マルコ10名、職員12名で交流活動を行いました。
 はじめに、森の先生の紹介を兼ねて「私はなんの生き物でしょう」のクイズから始めました。次に班対抗生き物当てゲームをしました。ヒントが書かれているカードを引いて、班のみんなで相談。お互いの意見を出し合い話し合う姿があちらこちらで見られました(写真上・中)。
 その後、各5班に分かれて「葉っぱ当てゲーム」や「動物パズル」、「どっちに入っているでしょうかゲーム」など、先生オリジナルのネイチャーゲームをそれぞれの班ごとに行いました。
 お昼は、お待ちかねのそうめん流しです。長い竹をそうめんが流れてくると、普段はそうめんを食べない子ども達も、たくさん食べていました(写真下)。
 午後からは2枚の折紙を使って紙飛行機の折り方を教えてくれました。どんな風に飛ばしても飛んでいく飛行機にとても楽しそうでした。
 大分県森林づくりボアンティアのみなさん、ありがとうございました。

                         (児童サービス課)


新採用・中途採用職員後期研修を行いました。                                2018.8.8

 7月31日(火)9:30〜16:30にかけて、「新採用・中途採用職員後期研修」を行いました。
 「いずみの園」では昨年より新卒採用職員への入職の研修を3月末に前期研修、7月に後期研修として行っており、その時に中途採用職員も合わせて研修を行います(写真上)。今回の後期講座は、新卒採用者と中途採用者合わせて24名が参加して行いました。
 午前中の講師は当園の施設長・部長が担当し、「かきぜサポートセンターの役割」「介護老人福祉施設の役割」「認知症ケア」「障がい福祉事業の役割」の4項目を行い、午後からは中津消防署職員の方3名にお越しいただき、普通救命講習気鬘鎧間にわたり行いました(写真下)。
 参加された皆さん、お疲れさまでした。

                          (総務部総務課)


 

社会福祉法人九州キリスト教社会福祉事業団
中津総合ケアセンターいずみの園
〒871-0162  大分県中津市永添2744
TEL0979-23-1616(代)  FAX0979-23-1783
このサイトの著作権は社会福祉法人九州キリスト教社会福祉事業団が有します。
著作権法により無断での複製、転載等は禁止されております。

▲このページの上へ  ▲TOPページへ