いずみの園ムービーリンク集アクセスお問い合わせ情報公開・第三者評価・苦情受付個人情報の取り扱い
ホーム理事長あいさつ・法人についていずみの園の理念・組織・事業名いずみの園ニュース園だより・広報誌等採用情報

ショートステイサービスについてのご説明

ニュース一覧

こちらのページでは、写真での紹介も交えていずみの園の行事やニュースをご案内いたします。どうぞご覧下さい!写真はクリックすると拡大表示します。


「中間管理職講座【主任編】2019−◆廚鮃圓い泙靴拭                             2020.2.10

 2013年度より開始した、園内における主任、課長職を対象とした「中間管理職講座」も7年目を迎えました。今年度の第2回研修を2月3日(月)13:30〜15:40の日程で、今回は主任を対象とし、23名の職員が参加しました。講師には大分労働局雇用環境・均等室働き方・休み方改善コンサルタントの佐々木愛子氏を迎え、『ワーク・ライフ・バランス研修』と題して行われました。
 はじめにワーク・ライフ・バランスについての概要説明、各部署の課題についてグループワークを行いました。研修は終始アットホームな雰囲気に包まれ、参加された方も楽しみながら様々なワークに取り組まれている様子でした。
 「いずみの園」では、入職3年目以上の若手職員を対象にした「次世代職員育成講座」や入職1〜2目の職員のための人材育成制度や各種研修などを独自に研究し実施するなど「人材育成」について、今後も研究を重ね、より良い制度となるよう取り組んでいきます。
(写真は当日会場にて撮影。)

                          (経営企画課)


共生型子ども食堂「かきぜdeキッチン」を行っています。                           2020.1.30

 「中津総合ケアセンターいずみの園」では、昨年の7月から毎月1回第3土曜日に「かきぜdeキッチン」という事業を行っております。こちらの事業はいわゆる「子ども食堂」ですが、対象者は子どもと限定せず、近隣住民の方や当日勤務する職員、また地域活動支援センターのご利用者など、大人から子どもまで、これまでも多くの方にご参加いただいております。
 7回目となる今月は、1月18日(土)に開催されました。献立は牛すじカレーとポテトサラダで、総勢39名の方にお越しいただきました。シェフこだわりの牛すじカレーは子どもたちにも大人気で、皆さんぺろりと完食されていました。
 2月以降も毎月第3土曜日に開催いたしますので、お近くの方は是非ともお立ち寄りください。
                   (かきぜサポートセンター)


2020年仕事始め式が、いずみ館で行われました。                                2020.1.6

 2020年の年頭にあたり、「いずみの園仕事始め式」が各部署から職員約50名が参加して総務部総務課長の司会の下、いずみ館で行われました。
 式の冒頭冨永理事長から「あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。今年は昨年以前と同様「福祉のまちづくり」ということを目標に『福祉と言えば中津市だ』『中津市に住めば老後も安心だ』と言っていただけるような“まちづくり”を目指し、いずみの園が地域を先導していけるように、職員一人ひとりがその実現に向けて取り組んでいただきたいです。この一年共に頑張っていきましょう。」と参加した職員に向けて挨拶を行いました。引き続き当法人の堤チャプレンからお祈りがささげられ、2020年の仕事始め式を終えました。
 (写真上:冨永理事長の挨拶の様子)
 (写真下:参加した職員)
 ※冨永理事長挨拶の全文はホームページ「お知らせ」欄にて掲載しております。
                        (経営企画課)


「中央サポートセンター」で餅つきをしました。                                2019.12.27

 12月25日(水)中津市万田にある「中央サポートセンター」で毎年恒例の「中央もちつき」を行いました。お隣の「後藤商事様」の職員の方4名といずみの園職員5名の協力により、「3臼」つくることができました(写真上・中)。できたてのお餅をご利用者の方と一緒にまるめ(写真下)、地域の方へお配りさせていただきました。地域の方からは、「毎年、楽しみにしています。ありがとうございます」と感謝のお言葉をいただきました。
 「米」は人々の生命力を強める食べ物であり、米をついて固める餅はとりわけ力が高いと言われています。餅つきは一人ではできないため、皆の連帯感を高め、喜びを分かち合うことができました。

                    (中央サポートセンター)


「児童クラブピーター・ポール」と「放課後等デイサービスマルコ」でクリスマス交流会を行いました。                                2019.12.26

 12月25日(水)、「児童クラブピーター・ポール」38名、「放課後等デイサービスマルコ」7名、職員14名でクリスマス交流会を行いました。
 最初にクリスマスの絵本の読み聞かせをした後、発表会をしました。マルコのみんなから「赤鼻のトナカイ」の歌とハンドベルの演奏を発表して、児童クラブからは「大きな古時計」の歌と「YMCA」のダンスを発表しました(写真上)。全員で「あわてんぼうのサンタクロース」を歌った後、職員も入って「ジェンカ」を踊りました(写真中)。
 毎年恒例の学年別「座布団取りゲーム」で悔し涙を流す子もいれば、闘志むき出しで頑張る姿が見られました(写真下)。ビンゴゲームでは、カードを見る目が真剣になり、数字を読み上げるたび大盛り上がり!
 最後に、みんなでおやつを食べて終わりました。今年も楽しいクリスマス会になりました。

                       (児童サービス課)


「特別養護老人ホームいずみの園」にてクリスマス祝会が行われました。                                2019.12.20

 「特別養護老人ホームいずみの園」では毎年クリスマスの時期に「クリスマス祝会愛餐(あいさん)会」を行っています。今年は12月17日(火)に開催され、特養とショートステイのご利用者が多数参加されました(写真上)。 
 まず、当法人の冨永理事長からのご挨拶があり、次に職員が扮したサンタクロースのサプライズ登場や職員で結成されたハンドベルクラブ「リザウンド」による演奏が行われました(写真中)。  その後、チャプレンによるクリスマス礼拝が行われ、愛餐会へと移りました。料理はお寿司やお刺身、天ぷらやデザート(写真下)などがあり、ご利用者の皆様は喜ばれ、たくさん召し上がられていました。
 ご利用者からは「美味しかった」「楽しかった」の声を聞くことができ、私たち職員も幸せな気持ちになりました。今回のクリスマス祝会愛餐会がご利用者の幸せな思い出となっていれば幸いです。

              (特別養護老人ホーム いずみの園)


 

社会福祉法人九州キリスト教社会福祉事業団
中津総合ケアセンターいずみの園
〒871-0162  大分県中津市永添2744
TEL0979-23-1616(代)  FAX0979-23-1783
このサイトの著作権は社会福祉法人九州キリスト教社会福祉事業団が有します。
著作権法により無断での複製、転載等は禁止されております。

▲このページの上へ  ▲TOPページへ